カテゴリー: 用意をして分割協議に向き合います

公正証書遺言を作ったことを、誰も知らなかったら

ご病気で入院されている方でも、公証人に出張してもらい公正証書遺言を作成することができます。

亡くなられた方が、生前に公正証書遺言を作成していても、それをご家族の方がご存知ない場合があります。
せっかく作成したのに、ご自身のお気持ちが誰にも伝わらないなんてとても悲しいことですよね。
“公正証書遺言を作ったことを、誰も知らなかったら”の詳細は »

法律できまっている相続における廃除がある

被相続人が生前、ある人から虐待を受けていたなどといった場合、家庭裁判所にその人の廃除を請求することができます。

廃除とは、被相続人の請求に基づいて、家庭裁判所がその者の相続権を剥奪する制度をいいます。被相続人が生前、ある相続人から虐待を受けていたなどといった場合、被相続人は家庭裁判所にその相続人の廃除を請求することができます。


“法律できまっている相続における廃除がある”の詳細は »

こうなっているとしれば相続税の計算をできる

課税遺産総額にもろもろかけていったら相続人の負担する財産と税金を算出します。

法定相続財産の算出
課税遺産総額に法定相続人それぞれの法定相続分をかけて、それぞれの法定相続財産を算出します。

各人の相続税額
各相続人の法定相続財産に相続税の税率をかけ、それぞれの相続税額を算出。

<例>法定相続人が妻と子ども1人の場合
・課税遺産総額×2分の1(妻)=妻の法定相続財産×相続税率
=妻の相続税額

・課税遺産総額×2分の1(子ども)
=子どもの法定相続財産×相続率=子どもの相続税額
(相続税の課税)
第十一条  相続税は、この節及び第三節に定めるところにより、相続又は遺贈により財産を取得した者の被相続人からこれらの事由により財産を取得したすべての者に係る相続税の総額(以下この節及び第三節において「相続税の総額」という。)を計算し、当該相続税の総額を基礎としてそれぞれこれらの事由により財産を取得した者に係る相続税額として計算した金額により、課する。
(相続税の課税価格)
第十一条の二  相続又は遺贈により財産を取得した者が第一条の三第一号又は第二号の規定に該当する者である場合においては、
その者については、当該相続又は遺贈により取得した財産の価額の合計額をもつて、相続税の課税価格とする。
2  相続又は遺贈により財産を取得した者が第一条の三第三号の規定に該当する者である場合においては、その者については、
当該相続又は遺贈により取得した財産でこの法律の施行地にあるものの価額の合計額をもつて、相続税の課税価格とする。

(債務控除)
第十三条  相続又は遺贈(包括遺贈及び被相続人からの相続人に対する遺贈に限る。
以下この条において同じ。)により財産を取得した者が第一条の三第一号又は第二号の規定に該当する者である場合においては、
当該相続又は遺贈により取得した財産については、
課税価格に算入すべき価額は、当該財産の価額から次に掲げるものの金額のうちその者の負担に属する部分の金額を控除した金額による。

各種にわたる相続の手続きについて

相続人の間に債務を引き継ぐものを決めても債務者である金融機関が認めない限り特定の相続人に支払が発生することにはなりません。

公共料金、電話料金の名義変更をするには・・・・

電気、ガス、水道などの公共料金は郵送で手続きが可能です。
また引き落とし口座の変更も必要です。
電話加入権は郵送手続きで行います。
“各種にわたる相続の手続きについて”の詳細は »

相続と不動産をいくらで評価するかと税金

土地の相続評価は、遺産相続の中でも土地の相続は評価の難しいものの一つなんですよ

相続税の評価が1億円の自宅であったとすると
配偶者や一定の子供が相続した場合、
小規模宅地評価減で評価されてしまいます。

そのため80%減約2000万ということに
なります。
“相続と不動産をいくらで評価するかと税金”の詳細は »