タグ: 特別代理人

相続の対象になってくる財産に関する事項

未成年後見人とは、未成年者の法定代理人として財産管理や契約等の法律行為を行う人のこです

○遺贈
財産を相続人以外(内縁の妻、孫、友人など)に与える行為。

○寄付行為
○子の認知
正式な婚姻関係にない男女間に出生した子を、父親が自分の子であると認めること。
“相続の対象になってくる財産に関する事項”の詳細は »