タグ: 手数料

相続の連年贈与という仕組みを使い倒す

毎年少しずつ相続財産を減らすことができ、相続税の節約となる贈与を連年贈与と言います。

毎年少しずつ相続財産を減らすことができ、相続税の節約となるぞうよを
連年ぞうよと言います。

これを利用した相続税対策を行う上での注意がいくつかあります。

例をあげると10年間毎年規則的に110万円ずつをぞうよしていった場合には
最初に1,100万円をぞうよする意図があったと税務署に扱われてしまうことなどが
上げられます。となると節税になどならずに
ぞうよ税ががっぽりとかかります。無税のぞうよを続けてきたとしても
すべてパーにされ、しかも高いぞうよ税まで払うことになります。
“相続の連年贈与という仕組みを使い倒す”の詳細は »