相続をしたくないときには、相続放棄という方法があります。

人が亡くなると、その人の財産は、相続人が承継することになります。
しかし、すべての相続人が相続を望むとは限りません。
今日は、相続人であるあなたが、相続をしたくない時の制度について説明します。

相続をしたくない時には、相続放棄の手続をしてください。
相続放棄とは、全ての相続財産を受け継がないということを意味します。
また、相続放棄は、自分の相続する権利全てを放棄することですので、一部の放棄など条件をつけることはできません。相続放棄は一度家庭裁判所に申述すると取り消すことができませんので、相続財産がある程度はっきりした後に行うことをお勧めします。

 相続放棄の手続きの仕方
相続放棄の手続きは、原則として相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に、被相続人(亡くなった方)の最後の住所地の家庭裁判所に申し立てます。3ヶ月が過ぎてしまうと、原則として単純承認(プラスの財産もマイナスの財産も全て受け継ぐ)したとみなされますので、相続放棄を検討されている方は期限について注意が必要です。

 

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む