共同相続人ってどういうことか知りましょう

相続人が複数いる場合の全ての相続人を共同相続人と
いいます。
相続人が数人あるとき、相続財産は共同相続人の共有に属することになります(民法898条)。

特別受益者・・・・
共同相続人の中で、故人の生前に婚姻や養子縁組、
生計のための資本贈与を受けていたり、
遺贈を受けた人のことを特別受益者といいます。

寄与分の制度(904条の2)・・・・・
共同相続人中に被相続人の財産の維持または割り増しについて特別の寄与をした者については、相続における実質的公平を図るため、相当額の財産を取得させる制度を寄与分の制度といいます。

寄与分の要件
①被相続人の事業に関して、労務または財産を提供したとき
②被相続人の療養看護をしたとき
③その他の方法による特別の寄与ただし、寄与分が認められるのは相続人のみです。

通常の扶養や、夫婦や親子として通常の範囲での療養、介護、看護は含まれていません。全てに寄与分が認められるわけではありませんので注意が必要です。

相続で手続きに困ると横浜から助ける専門家がいたぞく
推定相続人(すいてい相続にん)とは、現状のままで相続が開始した場合、直ちに 相続人となるべき人のことをいいます。継承権が第1位から下がる可能性がなく、君主や当主より長生きすれば確実に相続人になる人物は法定推定相続人と呼ばれます。
被相続人の兄弟姉妹も推定相続人となりますが、これらの者については遺留分が認められていません。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む