公正証書遺言を作ったことを、誰も知らなかったら

ご病気で入院されている方でも、公証人に出張してもらい公正証書遺言を作成することができます。

亡くなられた方が、生前に公正証書遺言を作成していても、それをご家族の方がご存知ない場合があります。
せっかく作成したのに、ご自身のお気持ちが誰にも伝わらないなんてとても悲しいことですよね。
“公正証書遺言を作ったことを、誰も知らなかったら”の詳細は »

ドコモのかけ放題で親孝行しています

携帯って便利ですね。気がつけば持っていて、ふと依存症かしら?と思うことがあります。

みなさん、携帯はどこのを使っていますか?我が家は、ずっとドコモです。他社と比べると割高というイメージがあったのですが、いまやドコモも負けていないようです。
“ドコモのかけ放題で親孝行しています”の詳細は »

相続をしたくないときには、相続放棄という方法があります。

相続の放棄とは、亡くなった人の全ての財産を受け継がないということを意味します。

人が亡くなると、その人の財産は、相続人が承継することになります。
しかし、すべての相続人が相続を望むとは限りません。
今日は、相続人であるあなたが、相続をしたくない時の制度について説明します。
“相続をしたくないときには、相続放棄という方法があります。”の詳細は »

法律できまっている相続における廃除がある

被相続人が生前、ある人から虐待を受けていたなどといった場合、家庭裁判所にその人の廃除を請求することができます。

廃除とは、被相続人の請求に基づいて、家庭裁判所がその者の相続権を剥奪する制度をいいます。被相続人が生前、ある相続人から虐待を受けていたなどといった場合、被相続人は家庭裁判所にその相続人の廃除を請求することができます。


“法律できまっている相続における廃除がある”の詳細は »

共同相続人ってどういうことか知りましょう

相続人が数人あるとき、相続財産は共同相続人の共有に属することになります

相続人が複数いる場合の全ての相続人を共同相続人と
いいます。
相続人が数人あるとき、相続財産は共同相続人の共有に属することになります(民法898条)。


“共同相続人ってどういうことか知りましょう”の詳細は »

こうなっているとしれば相続税の計算をできる

課税遺産総額にもろもろかけていったら相続人の負担する財産と税金を算出します。

法定相続財産の算出
課税遺産総額に法定相続人それぞれの法定相続分をかけて、それぞれの法定相続財産を算出します。

各人の相続税額
各相続人の法定相続財産に相続税の税率をかけ、それぞれの相続税額を算出。

<例>法定相続人が妻と子ども1人の場合
・課税遺産総額×2分の1(妻)=妻の法定相続財産×相続税率
=妻の相続税額

・課税遺産総額×2分の1(子ども)
=子どもの法定相続財産×相続率=子どもの相続税額
(相続税の課税)
第十一条  相続税は、この節及び第三節に定めるところにより、相続又は遺贈により財産を取得した者の被相続人からこれらの事由により財産を取得したすべての者に係る相続税の総額(以下この節及び第三節において「相続税の総額」という。)を計算し、当該相続税の総額を基礎としてそれぞれこれらの事由により財産を取得した者に係る相続税額として計算した金額により、課する。
(相続税の課税価格)
第十一条の二  相続又は遺贈により財産を取得した者が第一条の三第一号又は第二号の規定に該当する者である場合においては、
その者については、当該相続又は遺贈により取得した財産の価額の合計額をもつて、相続税の課税価格とする。
2  相続又は遺贈により財産を取得した者が第一条の三第三号の規定に該当する者である場合においては、その者については、
当該相続又は遺贈により取得した財産でこの法律の施行地にあるものの価額の合計額をもつて、相続税の課税価格とする。

(債務控除)
第十三条  相続又は遺贈(包括遺贈及び被相続人からの相続人に対する遺贈に限る。
以下この条において同じ。)により財産を取得した者が第一条の三第一号又は第二号の規定に該当する者である場合においては、
当該相続又は遺贈により取得した財産については、
課税価格に算入すべき価額は、当該財産の価額から次に掲げるものの金額のうちその者の負担に属する部分の金額を控除した金額による。

相続の連年贈与という仕組みを使い倒す

毎年少しずつ相続財産を減らすことができ、相続税の節約となる贈与を連年贈与と言います。

毎年少しずつ相続財産を減らすことができ、相続税の節約となるぞうよを
連年ぞうよと言います。

これを利用した相続税対策を行う上での注意がいくつかあります。

例をあげると10年間毎年規則的に110万円ずつをぞうよしていった場合には
最初に1,100万円をぞうよする意図があったと税務署に扱われてしまうことなどが
上げられます。となると節税になどならずに
ぞうよ税ががっぽりとかかります。無税のぞうよを続けてきたとしても
すべてパーにされ、しかも高いぞうよ税まで払うことになります。
“相続の連年贈与という仕組みを使い倒す”の詳細は »

相続の対象になってくる財産に関する事項

未成年後見人とは、未成年者の法定代理人として財産管理や契約等の法律行為を行う人のこです

○遺贈
財産を相続人以外(内縁の妻、孫、友人など)に与える行為。

○寄付行為
○子の認知
正式な婚姻関係にない男女間に出生した子を、父親が自分の子であると認めること。
“相続の対象になってくる財産に関する事項”の詳細は »

生命保険と解約返戻金の考え方を相続にからめる

解約返戻金を受け取ることができますので、この解約返戻金に相続税がかかってしまうのです。

被相続人が保険料を負担している場合の
保険契約です。
“生命保険と解約返戻金の考え方を相続にからめる”の詳細は »

各種にわたる相続の手続きについて

相続人の間に債務を引き継ぐものを決めても債務者である金融機関が認めない限り特定の相続人に支払が発生することにはなりません。

公共料金、電話料金の名義変更をするには・・・・

電気、ガス、水道などの公共料金は郵送で手続きが可能です。
また引き落とし口座の変更も必要です。
電話加入権は郵送手続きで行います。
“各種にわたる相続の手続きについて”の詳細は »

« 過去の記事